【不動産コラム】タバコ火災に注意 | | 東横線大倉山駅 株式会社長澤商事不動産

営業時間 AM9:30〜PM6:00 毎週水曜日・第二第三木曜日定休

【不動産コラム】タバコ火災に注意

先日、「ベランダからタバコを捨てている人がいる」とのご報告がありました。

美観的な問題もありますがなによりも、
ベランダに可燃物を置いている方もいらっしゃいますので、大変危険な行為です。
絶対に行わないで下さい。


火災の原因1位は「たばこ火災」

分煙環境が整備され、タバコ税の負担が大きくなっていることから、喫煙率は年々低下しています。
女性はもともと高くありませんでしたが、男性の喫煙率が本当に低くなりました。

喫煙率の推移

喫煙率が低下しているにも関わらず、未だに火災の原因の1位は「たばこ火災」という消防庁のデータがあります。
特に屋外での吸い殻の処理方法の不適による火災が増えています。
喫煙者のマナーが問われます。

たばこからの出火に至った理由ランキング

1位 無造作に投げ捨てた
2位 吸い殻をゴミ入れに直接捨てた
3位 灰皿の吸い殻をゴミ入れに捨てた
4位 吸い殻が一杯の灰皿に捨てた
5位 吸い殻を紙袋などに捨てた

1位は他の理由をダブルスコアで引き離し、毎年ダントツの1位です。

喫煙マナーをお守りください

1,喫煙をする際は、灰皿のある所で。

2,吸い殻は水につけるなどして、完全に火が消えた事を確認し廃棄しましょう。

3,灰皿はこまめに清掃しましょう。

4,ポイ捨てはやめましょう

5,寝たばこは危険です。絶対にやめましょう。


寒くなる季節は特に危険

これから、落ち葉や枯れ草が増え、空気が乾燥し、火災が発生すると被害が拡大する危険があります。
喫煙マナーアップにご協力ください。


記事の更新日:

PAGE TOP